収穫~出荷

丹精込めて育てた稲を最良の状態でお客様のもとへ届けること。

生産者として課せられた使命を果たすべく、稲刈りから出荷まで様々なことにこだわって作業を進めます。

大型コンバインで高速刈り取り


稲の刈り取り適期は意外と短く、高品質を維持した状態で収穫するには、大型のコンバインで効率を上げる必要があります。

また、その日の気候にもよりますが、収穫時の籾の水分は朝と夕方で差があります。短い時間で刈り取って水分変化の少ない状態で乾燥行程に移ることで仕上がりを均一にすることができます。

遠赤外線の力でじっくり乾燥

遠赤外線の暖房を使用したことがある方はわかると思いますが、あれを使うと体の芯から温まってくるのがわかります。お米に対しても同様の効果があり、米粒の芯からじっくり乾燥が始まります。太陽光にも含まれる遠赤外線なので、天日干しに近い仕上がりが得られます。

「モミ」で保存!!


お米は乾燥が終わるとモミ摺りをして「玄米」の状態で保管されるのが一般的です。しかし孫作では「モミ」の状態で保管しています。

モミの外殻、すまりモミ殻はいわば鎧の様なもので、害虫や外気から守ってくれるので非常に劣化しにくくなります。同じ年月がたったモミと玄米では、食味が全然違います。

必要量のみ籾摺りをして出荷をするので、いつでも新鮮なお米を味わっていただけます。また、モミから精米できる設備が近くにある方は、モミでの販売も致しますのでお気軽にお問い合わせください。

選別機による品質向上





精米しただけの状態だと、写真の様な異物が入っている可能性があります。この様なものを選別機を使用して取り除いてから出荷しております。当たり前の安全を当たり前に提供するために手間は惜しみません。

食味計による分析で品質を管理


成分分析計により、水分、アミロース、タンパク質、脂肪酸量を計測し、科学的データをもとに品質の管理を行っております。

ページトップへ戻る